卒園式

卒園記念品のトートバッグの作り方

幼稚園や保育園の卒園記念品の定番である、トートバッグ。習い事のレッスンバッグとして活用できるなど、実用的で喜ばれるのが理由です。 この記事では、卒園記念品としてトートバッグを制作する際のポイントや、デザインの作成方法などを紹介します

 

卒園記念品トートバッグを作る際のポイント

まずはベースとなるトートバッグを選びましょう。次に挙げるポイントに着目すると、目的・用途に合ったトートバッグを選びやすいです。

  • 生地の耐久性と洗濯のしやすさ
  • サイズ
  • 形状

 

生地の耐久性と洗濯のしやすさ

卒業記念品のトートバッグは、子どもが使用するので特に生地選びが重要です。子ども用のバッグは汚れやすいため、キャンバス生地やポリエステル生地など、頻繁な洗濯にも耐えられる丈夫な生地がおすすめです。

生地 特徴
コットン生地 吸水性や通気性に優れ、肌触りのよさも特徴。洗濯をするとシワになりやすいことが難点ですが、耐熱性が高いのでアイロン掛けがしやすいです。
キャンバス生地 綿や麻、ポリエステルなどを平織りした厚手の生地です。素材によって特徴は異なりますが、概ね通気性に優れ、厚手で丈夫という点は共通しています。風合いを損なわないために、手洗いでの洗濯がおすすめです。
ポリエステル生地 軽くて丈夫な生地です。洗濯にも強くて乾きやすく、シワになりにくい生地です。
コットンリネン生地 コットン(綿)とリネン(麻)の混紡生地です。吸湿性や耐久性に優れ、洗濯できるものが多く、洗濯を繰り返すと柔らかな風合いになります。

 

サイズ

トートバッグは、サイズによって適した用途も異なります。卒園記念品として配布する場合、学校のサブバッグとして使う、習い事のレッスンバッグにする、あるいは普段使いするなど、どんな用途で活用してほしいかをあらかじめ想定したうえで制作しましょう。

サイズ 特徴と向いている用途
A4
  • 横210mm×縦297mm

学校のプリントやノート、ファイルなどが入る大きさ。学校のサブバッグや塾のレッスンバッグなどにおすすめ。
A3
  • 横297mm×縦420mm

大きな楽譜を持ち運びするピアノ教室や、着替えを持っていくスポーツ関係の習い事のレッスンバッグなどにおすすめ。
A5
  • 横148mm×縦210mm

お弁当や水筒を入れるのに向いた大きさ。ランチバッグや友達の家に遊びに行くときなど日常使いにおすすめ。

 

形状

形状についても同様です。プリントやノートなどの薄いものを入れる場合と、おもちゃなど比較的かさばるものを入れる場合では、向いているバッグの形状も違います。あらかじめどういった使い方をしてもらいたいかを想定し、形状を考えていきましょう。

形状 特徴と向いている用途
フラット 長方形でマチのないバッグ。薄いテキストや筆箱程度を持参する習い事のレッスンバッグにおすすめ。
スクエア 長方形で角底タイプのマチのあるバッグ。テキストが多い習い事のレッスンバッグのほか、お菓子やおもちゃなどを持ち運ぶときなど日常使いにもおすすめ。
スタンダード 船底タイプのマチがあるバッグ。着替えが必要なレッスンバッグのほか、お弁当、水筒、おもちゃなど比較的たくさんのものを入れたい場合におすすめ。

 

ラクスルのオリジナルバッグ作成6つのメリット

ベースとなるトートバッグを選んだら、デザインを作成しましょう。ラクスルでは、トートバッグに印刷するロゴやイラスト、テキスト(文字)などのデザインを「デザイン編集ツール」で簡単に作成できます。

 

ロゴやイラスト、文字を自由に配置できる

デザイン配置

ラクスルの「デザイン編集ツール」では、下記のようなデザイン要素をサイズやフォントを調整しながら視覚的に配置できます。

  • ロゴやイラストデータの貼り付け
  • メッセージなど任意のテキストの追加

 

卒園記念品トートバッグのデザインとして定番なのは、幼稚園・保育園の名称やロゴのほか、卒業年月、卒業を想起させるイラストなどが挙げられます

 

Illustratorで作成したデザインデータも入稿できる

Illustratorで作成したデザインデータを使用する際は、入稿用のテンプレートを利用します。テンプレートはノベルティそれぞれの商品ページからダウンロードできます。 なお、単色印刷で記念品を制作する場合は、アウトラインのみで構成されたデータを用意してください。またフルカラーで全面デザインされたデータは入稿時に自動変換され、塗りつぶされたデザインになってしまう点にも注意しましょう。

 

データ入稿は複数形式に対応

データ入稿

 

入稿データは、Illustrator(.ai)のほか、さまざまな形式に対応しています。

  • 対応データ形式:ai / png / pdf / jpg / psd

 

入稿するデータ数に制限がない

ロゴやキャッチフレーズなど、複数のデータを使用する場合でも、入稿可能なデータ数に制限はありません。入稿データの個数に応じた別途料金等も発生しないので、数種類のデータを用いるような凝ったデザインも可能です。 なお、使用可能なファイルサイズの上限は50MBなので注意しましょう。

 

出来上がりのプレビューや共有ができる

プレビュー画面

デザイン編集ツールでは、自由にデザインを作成できるのはもちろんのこと、プレビュー画面から都度、仕上がりイメージや色味が確認できます。

 

商品によってはサンプル印刷も可能

サンプル印刷

「プレビューだけでは少し不安」という方には、商品によってはサンプル注文も可能です。無地のサンプルを取り寄せて質感を確認することもできるので、大量に制作する際にはぜひ活用してください。

 

まとめ

卒園記念品として制作するトートバッグは、子どもが使用することを踏まえて丈夫な生地の商品を選び、活用シーンを想定して、サイズや形状を選んでいきましょう。 ラクスルではさまざまな素材のバッグを取り扱っており、サイズ展開も豊富。無地のトートバッグを400種類以上取りそろえています。ノベルティやギフト制作には、ぜひラクスルを利用してはいかがでしょうか。 ラクスルのオリジナルトートバッグ・エコバッグはこちらから。